天然水の種類

天然水とは、特定の水源から採水された地下水を源水として、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の物理的・科学的処理を行わない水のことをいいます。天然水=ミネラルウォーターのなかでも種類があり、地表から浸透して、その間、地中でミネラルを含んで地下水になったものを源水としている水を「ナチュラルミネラルウォーター」と言い、そのナチュラルミネラルウォーターのうち、品質安定の目的で、ミネラルの調整・ばっ気・複数の水源のナチュラルミネラルウォーターの混合が行われているものを「ミネラルウォーター」上記以外のものは、「飲料水」「ボトルドウォーター」と言われています。農林水産省の商品表示の禁止事項に、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター以外のものを、天然・自然用語および類する表示を禁止とありますので、天然水=ナチュラルウォーターまたは、ナチュラルミネラルウォーターとなるわけです。先程、お話した人工水とは、それ以外の加工した水となるわけです。
また、家庭にミルクを飲まれている赤ちゃんがおられる方は、以前は植物やペットや赤ちゃんには、ミネラルウォーターを与えてはいけないと言われてきましたが、昔と現在ではさまざまな硬度のミネラルウォーターが販売されていることから、赤ちゃんには、軟水のミネラルウォーターが適しているといわれています。

注目の記事

天然水の種類

記事を読む

業者選びのポイント

記事を読む

ウォーターサーバーの電気代

記事を読む